HoloLensの開発(Unity)

今回はUnityを使ってHoloLensでシンプルなCubeオブジェクトを表示するアプリをビルドしてみましょう。参考にするのは

https://developer.microsoft.com/en-us/windows/mixed-reality/academy

になります。
Microsoft
の上記のドキュメントをしっかり読んでもいいですが、私のようにイライラしてしまうといけないのでCubeを出すのに必要な部分を抜き出して手順を下記に説明してみます。

まず、HoloLensの値段を見て絶望しないでください、HoloLensなしでも開発できます。ただし、HoloLensがない場合はWindows “Pro”が必要です(できればWindows 10) Windows”Home” HoloLensのエミュレータが動きません。では、早速始めましょう。

  1. Unityで新しいプロジェクトを作ってください。
  2. キャメラのセットアップ。Main Cameraを選択してインスペクターで:
    1. Position(0,0,0)にしてください。
    2. Clear FlagsのドロップダウンをSkyboxからSolid Color
    3. BackgroundRGBA(0,0,0,0)にして「黒」
    4. Near Clip Plane0.85
  1. プロジェクト設定
    1. メニューバーのEdit > Project Settings > Qualityを選択します
      1. ウインドウズストアのロゴの下のドロップダウンからFastestを選択
    2. メニューバーのEdit > Project Settings > PlayerWindows StoreタブのOther Settings
      1. Virtual Reality Supportedをチェック
      2. Virtual Reality SDKsのリストにWindows Holographicが入っているを確認
  2. ホログラムを作り
    1. Cubeでもシーンに入れて
    2. Cubeを選択された状態でインスペクターでPosition(0,0,2)にしたらオブジェクトがユーザーのスタート位置から2m前にあるように見えます
    3. CubeScale(1,1,1)だったら1mCubeが見えますのでもうちょっと小さくしましょう(0.25,0.25,0.25)にしたら、25㎝のCubeになります。
    4. シーンを保存
  3. UnityからHoloLensでテスト(HoloLens必要)
    1. HoloLensのストアからHolographic Remoting Playerをインストールして、起動するとIP表示され、待機状態になります
    2. UnityのメニューバーでWindow > Holographic Emulation.を選択
    3. Emulation ModeNoneからRemote to Device
    4. Remote MachineでさっきのHoloLensIPアドレスを入力
    5. Connectをクリックして
    6. Connection Statusが緑のConnectedに変わったら、UnityPlayボタンでテストできます
  4. Visual Studioからのテスト(HoloLens有っても無くてもOKです!
    1. Unityのメニューバーから File > Build Settingsを選択
    2. Add Open Scenesにクリック
    3. PlatformのリストからWindows Storeを選択しSwitch Platformをクリック
    4. SDKUniversal10
    5. Target DeviceAny DeviceからHoloLens
    6. UWP Build TypeD3D
    7. UWP SDKLatest Installed
    8. Unity C# Projectsをチェック
    9. Buildをクリック
    10. エクスプローラーで新規フォルダを作って、選んで、Select Folderボタン押して
    11. Unityが終わったらフォルダの中には「プロジェクト名」.sln が作られたはずです
    12. 「プロジェクト名」.slnを開いてトップのツールバーのTargetDebugからReleaseにして、ARMからX86にしてください
    13. デプロイ:
      1. WIFIを使ってデプロイ:
        1. トップのツールバーのLocal MachineRemote Machineに変更
        2. HoloLensIPを入力
        3. Authentication ModeUniversal (Unencrypted Protocol)
        4. Debug > Start without debuggingをクリック
      2. USBを使ってデプロイ:
        1. トップのツールバーのLocal MachineDeviceに変更
        2. Debug > Start without debuggingをクリック
      3. エミュレータ使ってデプロイ:(HoloLens不要)
        1. Deviceの隣のやじるをクリックしてドロップダウンからHoloLens Emulatorを選んで
        2. Debug > Start without debuggingをクリック

これで初めてのHoloLensアプリができましたね

今回はただのCubeですが、今度はHoloLensの特徴を生かしてインタラクティブなアプリを作りましょう!