Youtubeに動画をアップする場合、無償で使える強力な編集ソフトとして、
DaVinci Resolve
15 があります。
(ダウンロードリンクは下記ページの最下部にあります。)
https://www.blackmagicdesign.com/jp/products/davinciresolve/

DaVinci ResolveインストールしてYoutube用のムービーを書き出しした際にはまった箇所があり、その解決方法をシェアしたいとおもいます。

トラブルとしては、解像度を指定してビデオを書き出したかったのですが、出力した映像に下記のような上下に黒い帯が入ってしまうというケースです。

Output_Ng_Case

Output_Ng_Case

 

調べた結果、プロジェクトセッティングの解像度の設定が適切でなかったのが原因でした。

解決方法と手順を下記に記します。
※今回は問題を再現する為にイレギュラーな解像度(2048×1023)のイメージを利用しています。

1.タイムラインに配置されてたフッテージ素材の解像度を確認します。

video_info

video_info

2.File>Project Setting…を開きプロジェクトの解像度を設定します。

prj_setting_menu

prj_setting_menu

3.Timeline resolutionをCustomに変更して、解像度を素材の解像度と同じに(2043x1023px:ご自身の状況に応じて変更してください。 )設定します。

prj_setting_detail

prj_setting_detail

4.Davinci Resolve下の方のDeliverタブ(➀)をクリックしてビデオの出力設定を開きます。

②Individual Clipsを選択
③Videoタブを選択
④出力フォーマットを選びます。
Render at source resolution を選択します。

上記の設定が終わったら、Add to Render Queueボタンを押して、
レンダーキューに追加して、レンダーを行います。

OutPut_Settings

OutPut_Settings

以上で下記のような余白がないビデオが出力できるともいます。

Output_Ok_Case

Output_Ok_Case