Archive For 2019年4月9日

Unity3D+シューティングゲームのオブジェクトプールのチュートリアル

By |

Unity3D+シューティングゲームのオブジェクトプールのチュートリアル

Blogをいつもご覧いただきありがとうございます。 シューティングゲームを作った時に、武器の弾のシステムは様々な書き方がありますが、一番シンプルな書き方は、恐らく弾のオブジェクトをインスタンスして、敵にヒットしたら(コード側ではコライダーやポジションでどちらでも可能です。)、敵と弾一緒に消滅すると思います。 弾を生成する場合の例: using UnityEngine; using System.Collections; public class BulletInstance : MonoBehaviour { public GameObject BulletPrefab; // Update is called once per frame void Update () {  GameObject bullet = Instantiate(BulletPrefab, Vector3.zero, Quaternion.identity) as GameObject; //弾をインスタンス } 弾と敵を消滅する場合の例: using UnityEngine; using System.Collections; public class Enemy : MonoBehaviour { void OnTriggerEnter(Collider other)  { if (other.tag.CompareTo(“Bullet”) ==…

カスタムビルド解像度設定がリビルドで変更されない場合の対処

By |

カスタムビルド解像度設定がリビルドで変更されない場合の対処

Unityでカスタム解像度を使ってビルドするとき、選択された会社名とアプリ名にリンクされたその解像度でプレーヤー設定ファイル を作ります。 問題は、その後そのカスタム解像度を変更してプロジェクトを再構築したい場合でも、古いプレーヤー設定ファイルがあるコンピューターに表示されるものが一度設定した解像度になることです。 たとえば、解像度を800×600のカスタムサイズに設定してビルドした場合は、このようになります:   後でカスタム解像度を1920×1080に変更して再ビルドしても、同じ800×600の解像度が表示されます。   その解像度を適切な解像度に設定するには、2つの方法があります:   最初の方法は、ビルドプレイヤー設定に新しい会社名を設定することです。 その後、その名前であなたのシステムに新しいプレイヤー設定フォルダを作成します。   二番目の方法は、レジストリファイル内の設定フォルダを見つけて削除することです。 そのようにあなたの新しい解像度設定のファイルを作成します。 そのファイルはレジストリエディタのHKCU / softwareの中にあります。

Go Top