Author Archive

拡張子insvがInsta360 Playerでスムーズに再生できない

By |

拡張子insvがInsta360 Playerでスムーズに再生できない

コンテンツを制作する際に資料映像として360°動画ファイルで頂くケースが最近増えてきました。下記にInsta360で撮影した動画がそれほど高スペックでないPCのInsta360 Player上でシークがうまく行かなかったケースでのTipsをシェアしたいとおもいます。 拡張子insvはInsta360のファイルフォーマットです。Insta360 Playerを利用してこれらの拡張子のプレビューすることができます。 公式サイトで無料でダウンロード可能ですが、サイトの構成変更でダウンロードリンクが若干わりづらくなっているようです。 下記のプロダクトのページにリンクがあります。 https://www.insta360.com/download/insta360-4k ダウウンロードしたらアプリを起動して、360°動画ファイルをInsta360 Playerにドラッグアンドドロップして読み込んだのですが、弊社で遭遇したケースでは再生バーをシークすると、該当箇所(フレーム)の映像は表示されますが、シーク中の映像が停止した状態となりました。 どうやら撮影した映像が高解像度かつ高ビットレートだったため、再生バーをシークしても早送りや巻き戻しが見た目に反映されていないようです。 そこで、公式ページにあるInsta360 Studioを使って、映像を解像度とビットレートを圧縮することにしました。 (※先程のPlayerをダウンロードしたページの中部あたりにあります。) Insta360 Studioを起動して、ファイルをドラッグアンドドロップして読み込みます その後アプリケーションのタイトルバー付近の上部の黄色いボタン(➀)を押して、圧縮設定ウィンドウを表示します。 解像度を設定した後、「Bitrate」の項目のプルダウンリストからCustomizeを選択して(②)、横の文字入力ウィンドウに任意の数字を入力します。今回の場合は”18”にしました。 OKを押すとキューに追加されて、圧縮が開始されます。 今回のケースでは下記のように設定しました。 元ファイルの設定: 3840px × 1920px ビットレート 50Mbps 圧縮後のファイルの設定: 1920px × 960px ビットレート 18Mbps(カスタムを選択して手動入力) 圧縮が終わったファイルをInsta360 Playerにドラッグアンドドロップすると、シークが効くようになりました。 なお、insvフォーマットのままの圧縮はできないようです。残念です。 “Spherical pictures and videos can be played and edited by Insta360 Studio, which would export the original insv video and insp picture to MP4…

Davinci Resolveで黒の余白なくビデオを出力する方法

By |

Davinci Resolveで黒の余白なくビデオを出力する方法

Youtubeに動画をアップする場合、無償で使える強力な編集ソフトとして、 DaVinci Resolve 15 があります。 (ダウンロードリンクは下記ページの最下部にあります。) When you want to edit videos before uploading them to Youtube for example, you can use Davinci Resolve 15, a powerful editing software that can be used free of charge. (The download link is at the bottom of the page below.) https://www.blackmagicdesign.com/jp/products/davinciresolve/ DaVinci ResolveインストールしてYoutube用のムービーを書き出しした際にはまった箇所があり、その解決方法をシェアしたいとおもいます。 トラブルとしては、解像度を指定してビデオを書き出したかったのですが、出力した映像に下記のような上下に黒い帯が入ってしまうというケースです。 When I uploaded a movie…

Unity_PostProcessing機能の有効化

By |

Unity_PostProcessing機能の有効化

あるシーンが、「PostProcessingのエフェクトが適用されているシーンのはずなのに自分のPCで開くと見た目が通常と変わらない。」 上記のような場合は、Unity PostProcessing Stackがインストールされているかをチェックしてみてください。 確認方法は下記のとおりです。 1.メニューバーのWindow->Package Manager をクリック。 2.Allのタブ(①)をクリックし、スクロールダウンしてPost Processing(②)を選択します。 3.右上のInstallボタン(③)を押してインストールします。 この手順でシーンのカメラに設定された、Post Processingの効果が確認できると思います。

App Store Connect Holiday Schedule_app store connectのホリデースケジュール

By |

2018年の12月のAppleのアプリの審査がお休みになる期間がwebページでインフォメーションされています。 https://developer.apple.com/news/?id=11272018 今年も例年どおり ”New apps and app updates will not be accepted December 23 to 27 (Pacific Time), so any releases should be submitted, approved, and scheduled in advance” なので、 JST 日本標準時だと2018年12月23日(土) 17:00ー2018年12月28日(木) 16:59までが審査停止期間のようです。 https://www.jisakeisan.com/?y=2018&m=12&d=23&hh=0&mm=0&t1=pst&t2=jst 上記近辺でアプリを審査にいれる予定の方はご注意ください。  

“PazuTama2″_Match Puzzle Released-Unity

By |

“PazuTama2″_Match Puzzle Released-Unity

We released a sequel game to our Pazutama puzzle games series. The goal of the game is to defeat your opponent with the power of your puzzle solving abilities. 私達が過去に制作していたマッチパズルゲームの改良バージョンをPazuTama2としてリリースしました。 The previous iteration was pretty simple, you just had to tap on the color and it would erase all matching circles connected to it. This…

特定のUI要素上でマウスのローカルポジションを見つける

By |

特定のUI要素上でマウスのローカルポジションを見つける

まず、特定のUI要素が特定されているかどうかを調べる必要があります。UI要素がマウスでクリックされているかどうかを判断する方法は複数ありますが、最も一般的な方法はUnityのPointerEventSystemを使用することです。使用できるようにするには、イベントをトリガーするために必要なさまざまなインターフェースと“using UnityEngine.EventSystems;”というNamespaceを実装する必要があり、SceneのHierarchyにEventSystemを追加することも必要です。また、スクリプトはトリガーされたオブジェクト上にある必要があります。   このEventSystemの詳細については、このリンクをご覧ください: https://docs.unity3d.com/ScriptReference/EventSystems.PointerEventData.html   EventSystemの実装例を次に示します:   別の方法はUnityのBoundsを使用します。 イメージのようなUIオブジェクトでそれを使用できるようにするには、コライダーを置いてオブジェクトと同じサイズにする必要があります。次に、Boundsを見つかるために、このコライダーコンポーネントをスクリプトで取得します。これにより、マウスの位置がこれらの範囲内にあるかどうかを確認することができます。   Bounds についての詳細は、このリンクをチェックしてください: https://docs.unity3d.com/ScriptReference/Bounds.html   Bounds の実装例を次に示します:     オブジェクトをHoveringしていることがわかったので、次のステップは、マウスの位置を世界に相対的ではなく、そのオブジェクトに関連させて見つけることです。そのために、UnityのRectTransformUtilityを使用することができます。ローカルのRectTransformを新しいスクリーン位置として設定することができます。   RectTransformUtility についての詳細は、このリンクをしてください: https://docs.unity3d.com/ScriptReference/RectTransformUtility.html https://docs.unity3d.com/ScriptReference/RectTransformUtility.ScreenPointToLocalPointInRectangle.html   RectTransformUtility の二つの実装例を次に示します、1つはBoundsシステムを使用し、もう1つはEventSystemを使用します。   Boundsシステム:   EventSystem: *canvasがScreen space – Overlayに設定されているため、カメラパラメータはnullに設定されています。 このlocal mouse positionはいろいろな使い方ができます。 たとえば、カンバスにある、レンダーテクスチャを使用してミニーマップ上でクリック位置を取得することができます。

Myoのジェスチャーでコントロールするアプリのデモ

By |

Myoのジェスチャーでコントロールするアプリのデモ

Thalmic Labs 社のMyoというアームバンド型のコントローラーを使って、ジェスチャーを使って操作するアプリのデモを作成しました。 手のグー、パーによって操作するシンプルなゲームです。またジェスチャーによるメニュー選択を実装してみました。

FFmpegの動画圧縮・変換コマンドの使い方

By |

FFmpegの動画圧縮・変換コマンドの使い方

ちょっとした動画をアップロードしたいとき、スマートフォンなどでの動画撮影は大変便利ですが解像度が高すぎて容量が大きくなりがちです。動画のサイズを小さくしたい、変換したいときFFmpegはとてもパワフルなツールです。 Taking a small video with a smartphone is very easy but the resolution might be too high for uploading. To reduce the size of the video, you can use  FFmpeg to convert it ,it is a very powerful tool. なかでも使用頻度が高く、個人的によく使うコマンドを下記に記載します。 各コマンドは圧縮元ファイルがbinフォルダの直下にある場合を前提としています。 Among the frequently used commands here are the most efficient ones in my…

2017 iTunes Connect Holiday shutdown iOS審査休みスケジュール

By |

Appleのアプリの審査がお休みになる期間がwebページで公開されてます。 https://developer.apple.com/news/?id=11282017a 今年は ” New apps and app updates will not be accepted December 23 to 27 (Pacific Time), so any releases should be submitted, approved, and scheduled in advance.” なので、 JST 日本標準時だと2017年12月23日(土) 17:00ー2017年12月28日(木) 16:59までですね。 http://www.jisakeisan.com/?y=2017&m=12&d=23&hh=00&mm=00&t1=pst&t2=jst 上記近辺でアプリを審査にいれる予定の方は注意が必要そうです。

Oculus Rift ”VR not ready” (PC 動作スペック確認 ビデオカード)

By |

Oculus Rift ”VR not ready” (PC 動作スペック確認 ビデオカード)

Oculus もお手頃な価格になってきましたし、以前より気軽に試すことができる環境が整ってきました。 ただ安くはない買い物ですし、自分のPCで動作するかを事前に確認したいですよね。NvidiaとかGeForceとか何それ。よくわからない。知りたいのはVR Readyなの? Readyじゃないのといったところかと思います。 さすがOculus!ツールをしっかり用意してくれています。 https://ocul.us/compat-tool チェックしてくれる項目は -Graphics Card -Processor -Memory -Operating System -USB< 各項目が動作に必要なスペックを満たしているかどうかを知らせてくれます。 インストールが必要ですが、実行するだけでVR readyかどうか判定してくれて大変便利です。 Oculus Riftを購入を検討中であればお持ちのPCで一度試してみられるのもいいかもしれません。 推奨、最小スペックなどは下記のURLに記載があります。 https://support.oculus.com/1639441692997293

Go Top