Archive For The “動画” Category

Davinci Resolveで黒の余白なくビデオを出力する方法

By |

Davinci Resolveで黒の余白なくビデオを出力する方法

Youtubeに動画をアップする場合、無償で使える強力な編集ソフトとして、 DaVinci Resolve 15 があります。 (ダウンロードリンクは下記ページの最下部にあります。) https://www.blackmagicdesign.com/jp/products/davinciresolve/ DaVinci ResolveインストールしてYoutube用のムービーを書き出しした際にはまった箇所があり、その解決方法をシェアしたいとおもいます。 トラブルとしては、解像度を指定してビデオを書き出したかったのですが、出力した映像に下記のような上下に黒い帯が入ってしまうというケースです。   調べた結果、プロジェクトセッティングの解像度の設定が適切でなかったのが原因でした。 解決方法と手順を下記に記します。 ※今回は問題を再現する為にイレギュラーな解像度(2048×1023)のイメージを利用しています。 1.タイムラインに配置されてたフッテージ素材の解像度を確認します。 2.File>Project Setting…を開きプロジェクトの解像度を設定します。 3.Timeline resolutionをCustomに変更して、解像度を素材の解像度と同じに(2043x1023px:ご自身の状況に応じて変更してください。 )設定します。 4.Davinci Resolve下の方のDeliverタブ(➀)をクリックしてビデオの出力設定を開きます。 ②Individual Clipsを選択 ③Videoタブを選択 ④出力フォーマットを選びます。 ⑤Render at source resolution を選択します。 上記の設定が終わったら、Add to Render Queueボタンを押して、 レンダーキューに追加して、レンダーを行います。 以上で下記のような余白がないビデオが出力できるともいます。

Unity3D+IK(Inverse Kinematics)のAnima2Dチュートリアル

By |

Unity3D+IK(Inverse Kinematics)のAnima2Dチュートリアル

Blogをいつもご覧いただきありがとうございます。   前回は「Unity3D+Anima2Dチュートリアル」というテーマの記事を投稿しました。   今回はAnima2dのInverse Kinematicsについて説明したいと思います。   Inverse Kinematicsとは何ですか?   Anima2Dには、Inverse Kinematicsのコンポーネントがあります。これを使い、親関係のボーンオブジェクトの子供を動かすと、親も連動し動きます。 例を挙げると、腕と肩の関係のようなものです。(以下省略”IK”です)。 シンプルなアニメーションは、ボーンをいじるだけで充分ですが、もしアニメーションが複雑な場合はかなり時間がかかると思います。 そういう場合は「IK」が便利です。移動させたいボーンを「IK」と繋げればこのボーンのチェーンを丸ごと動かすことができとても便利です。   IKの種類は?   Anima2DのIKには,IK CCDとIK Limb という2種類のIKがあります。 IL Limbは骨を2本しかコントロールできません、余弦定理ですので、今回の場合手足に利用します。 IK CCD は設定に応じて、最大コントロールできる本数がルートボーンまでの全部の骨をコントロールすることができます。今回の場合頭と尻尾に使います。   では、前回の引継き、IKの使い方を説明します。 IKをの使い方を説明する前に、先ずAnima2Dの効率をアップでさせる機能を紹介したいと思います。 「PoseManager」というものです。 使い方はとても簡単です。下記の画像のように、前回の「牛」のオブジェクトに「Pose Manager」を入れれば、使えるようになるはずです。 そして、「Create new pose」をクリックしたら、今のスプライトのポジションとローテーションがセーブできます。 一つの「Idle」のポーズを「Save」をクリックしてから、後はどんな調整しても、ただ「Load」ボタンをクリックしたら、最初設定のポーズに戻れます。(ちなみに、「Save」はオーバライドしますので、ご注意ください。)   「Pose Manager」の使い方はここまでです。 それでは、「IK」の使い方の説明に入りましょう。   Step 1: IKをクリエイトします   「牛」のオブジェクトの中に、もう一個の空のオブジェクトを作って、名付け「IK」です。 下記の画像のようにそのオブジェクトに右クリックして、「2D Object」→「IK Limb」をクリックしたら、「IK」が出ます。   では、「IK」のパラメータを説明しましょう。 Record:アニメーションモードの間,ボーンのキーフレームを記録します。 Target​: IKが適用されるボーン。 Weight:​IKのポーズに対する影響度。 Restore…

“PazuTama2″_Match Puzzle Released-Unity

By |

“PazuTama2″_Match Puzzle Released-Unity

We released a sequel game to our Pazutama puzzle games series. The goal of the game is to defeat your opponent with the power of your puzzle solving abilities. 私達が過去に制作していたマッチパズルゲームの改良バージョンをPazuTama2としてリリースしました。 The previous iteration was pretty simple, you just had to tap on the color and it would erase all matching circles connected to it. This…

Unityでのアプリ内のムービー表示方法と、常に正しい解像度と比率を維持するように設定する方法。

By |

Unityでのアプリ内のムービー表示方法と、常に正しい解像度と比率を維持するように設定する方法。

How to create a movie screen with unity, and to set it to keep the right resolution and ratio at all time.  ユニティでムービー画面を作成する方法と、常に正しい解像度と比率を維持するように設定する方法。   First you will need to import a video, the list of the supported format in unity can be found here :  最初にビデオをインポートする必要があります。サポートされているフォーマットのリストはここにあります:  https://docs.unity3d.com/Manual/VideoSources-FileCompatibility.html   Next, to be able to render the…

FFmpegの動画圧縮・変換コマンドの使い方

By |

FFmpegの動画圧縮・変換コマンドの使い方

ちょっとした動画をアップロードしたいとき、スマートフォンなどでの動画撮影は大変便利ですが解像度が高すぎて容量が大きくなりがちです。動画のサイズを小さくしたい、変換したいときFFmpegはとてもパワフルなツールです。 Taking a small video with a smartphone is very easy but the resolution might be too high for uploading. To reduce the size of the video, you can use  FFmpeg to convert it ,it is a very powerful tool. なかでも使用頻度が高く、個人的によく使うコマンドを下記に記載します。 各コマンドは圧縮元ファイルがbinフォルダの直下にある場合を前提としています。 Among the frequently used commands here are the most efficient ones in my…

Go Top