Archive For The “設定” Category

カスタムビルド解像度設定がリビルドで変更されない場合の対処

By |

カスタムビルド解像度設定がリビルドで変更されない場合の対処

Unityでカスタム解像度を使ってビルドするとき、選択された会社名とアプリ名にリンクされたその解像度でプレーヤー設定ファイル を作ります。 問題は、その後そのカスタム解像度を変更してプロジェクトを再構築したい場合でも、古いプレーヤー設定ファイルがあるコンピューターに表示されるものが一度設定した解像度になることです。 たとえば、解像度を800×600のカスタムサイズに設定してビルドした場合は、このようになります:   後でカスタム解像度を1920×1080に変更して再ビルドしても、同じ800×600の解像度が表示されます。   その解像度を適切な解像度に設定するには、2つの方法があります:   最初の方法は、ビルドプレイヤー設定に新しい会社名を設定することです。 その後、その名前であなたのシステムに新しいプレイヤー設定フォルダを作成します。   二番目の方法は、レジストリファイル内の設定フォルダを見つけて削除することです。 そのようにあなたの新しい解像度設定のファイルを作成します。 そのファイルはレジストリエディタのHKCU / softwareの中にあります。

Davinci Resolveで黒の余白なくビデオを出力する方法

By |

Davinci Resolveで黒の余白なくビデオを出力する方法

Youtubeに動画をアップする場合、無償で使える強力な編集ソフトとして、 DaVinci Resolve 15 があります。 (ダウンロードリンクは下記ページの最下部にあります。) When you want to edit videos before uploading them to Youtube for example, you can use Davinci Resolve 15, a powerful editing software that can be used free of charge. (The download link is at the bottom of the page below.) https://www.blackmagicdesign.com/jp/products/davinciresolve/ DaVinci ResolveインストールしてYoutube用のムービーを書き出しした際にはまった箇所があり、その解決方法をシェアしたいとおもいます。 トラブルとしては、解像度を指定してビデオを書き出したかったのですが、出力した映像に下記のような上下に黒い帯が入ってしまうというケースです。 When I uploaded a movie…

Unity_PostProcessing機能の有効化

By |

Unity_PostProcessing機能の有効化

あるシーンが、「PostProcessingのエフェクトが適用されているシーンのはずなのに自分のPCで開くと見た目が通常と変わらない。」 上記のような場合は、Unity PostProcessing Stackがインストールされているかをチェックしてみてください。 確認方法は下記のとおりです。 1.メニューバーのWindow->Package Manager をクリック。 2.Allのタブ(①)をクリックし、スクロールダウンしてPost Processing(②)を選択します。 3.右上のInstallボタン(③)を押してインストールします。 この手順でシーンのカメラに設定された、Post Processingの効果が確認できると思います。

Go Top