Archive For The “HoloLens” Category

HoloLensで画面共有(Device Portal)

By |

HoloLensで画面共有(Device Portal)

HoloLensで見ている映像を周りの人にも見せたい! HoloLensを使っている人だけ楽しんでてズルい。どういう世界がみえてるのかみたい。 もしくはイベント等で、体験者以外にも見せたい場合、webブラウザー経由でDevice Poetalにアクセスして画面を共有することができます。 ただしWifi環境が必要です。 下記のオリジナルドキュメントを基に関係する部分を抜粋します。 https://docs.microsoft.com/en-us/windows/uwp/debug-test-perf/device-portal-hololens -デバイスポータルを設定するには 1.HoloLensの電源をオンにします。 2.ブルームジェスチャーでメインメニューを起動します。 3.セッティングを見つめエアタップジェスチャーでエアタップをもう一度行い好きな位置に配置。 4.アップデートメニューを選択します。 5.For developers メニューを選択を選択します。 6.Developer Modeを有効にします。 7.スクロールして Device Portalをオンにします。 1.HoloLensをwifiにつなぎます。 2.HoloLensのIPアドレスを見つけます。  Settings > Network & Internet > Wi-Fi > Advanced Options にあります。 もしくは、”Hey Cortana, what is my IP address?”とコルタナに聞いてもOKです。 ※私は発音がわるかった為、教えてもらえませんでした。 3.PC側から、先ほどのIPアドレスをアドレスバーに入力します。   https:// ブラウザーがセキュリティーの警告を表示してきますが、無視して進みます。 4.下記のような画面が表示されるかとおもいます。 PCとHoloLensが近い場合はHoloLensのサウンドストリーミングをオフにするとハウリングを防げます。 HoloLensのDevice portalへ初めてアクセスするときはユーザー名とパスワードを作成する必要があります。 1.PCのブラウザー側でHoloLensのIPアドレスを入れると、セットアップアクセスページにつながります。 2.暗証番号をリクエストをクリックして暗証番号を生成します。 3.HoloLensのテキストボックスに先ほどの暗証番号を入力します。 4.device portalに接続する為に使用するユーザー名を入力します。 ※Microsoft Account (MSA)…

HoloLensの開発(Unity)

By |

HoloLensの開発(Unity)

今回はUnityを使ってHoloLensでシンプルなCubeオブジェクトを表示するアプリをビルドしてみましょう。参考にするのは https://developer.microsoft.com/en-us/windows/mixed-reality/academy になります。 Microsoftの上記のドキュメントをしっかり読んでもいいですが、私のようにイライラしてしまうといけないのでCubeを出すのに必要な部分を抜き出して手順を下記に説明してみます。 まず、HoloLensの値段を見て絶望しないでください、HoloLensなしでも開発できます。ただし、HoloLensがない場合はWindows “Pro”が必要です(できればWindows 10) Windows”Home” ではHoloLensのエミュレータが動きません。では、早速始めましょう。 Unityで新しいプロジェクトを作ってください。 キャメラのセットアップ。Main Cameraを選択してインスペクターで: Positionを(0,0,0)にしてください。 Clear FlagsのドロップダウンをSkyboxからSolid Colorへ BackgroundをRGBA(0,0,0,0)にして「黒」 Near Clip Planeを0.85に プロジェクト設定 メニューバーのEdit > Project Settings > Qualityを選択します ウインドウズストアのロゴの下のドロップダウンからFastestを選択 メニューバーのEdit > Project Settings > PlayerのWindows StoreタブのOther Settingsで Virtual Reality Supportedをチェック Virtual Reality SDKsのリストにWindows Holographicが入っているを確認 ホログラムを作り Cubeでもシーンに入れて Cubeを選択された状態でインスペクターでPositionを(0,0,2)にしたらオブジェクトがユーザーのスタート位置から2m前にあるように見えます CubeのScaleも(1,1,1)だったら1mのCubeが見えますのでもうちょっと小さくしましょう(0.25,0.25,0.25)にしたら、25㎝のCubeになります。 シーンを保存 UnityからHoloLensでテスト(HoloLens必要) HoloLensのストアからHolographic Remoting Playerをインストールして、起動するとIPが表示され、待機状態になります UnityのメニューバーでWindow > Holographic Emulation.を選択…

Go Top