Posts Tagged “動画”

拡張子insvがInsta360 Playerでスムーズに再生できない

By |

拡張子insvがInsta360 Playerでスムーズに再生できない

コンテンツを制作する際に資料映像として360°動画ファイルで頂くケースが最近増えてきました。下記にInsta360で撮影した動画がそれほど高スペックでないPCのInsta360 Player上でシークがうまく行かなかったケースでのTipsをシェアしたいとおもいます。 拡張子insvはInsta360のファイルフォーマットです。Insta360 Playerを利用してこれらの拡張子のプレビューすることができます。 公式サイトで無料でダウンロード可能ですが、サイトの構成変更でダウンロードリンクが若干わりづらくなっているようです。 下記のプロダクトのページにリンクがあります。 https://www.insta360.com/download/insta360-4k ダウウンロードしたらアプリを起動して、360°動画ファイルをInsta360 Playerにドラッグアンドドロップして読み込んだのですが、弊社で遭遇したケースでは再生バーをシークすると、該当箇所(フレーム)の映像は表示されますが、シーク中の映像が停止した状態となりました。 どうやら撮影した映像が高解像度かつ高ビットレートだったため、再生バーをシークしても早送りや巻き戻しが見た目に反映されていないようです。 そこで、公式ページにあるInsta360 Studioを使って、映像を解像度とビットレートを圧縮することにしました。 (※先程のPlayerをダウンロードしたページの中部あたりにあります。) Insta360 Studioを起動して、ファイルをドラッグアンドドロップして読み込みます その後アプリケーションのタイトルバー付近の上部の黄色いボタン(➀)を押して、圧縮設定ウィンドウを表示します。 解像度を設定した後、「Bitrate」の項目のプルダウンリストからCustomizeを選択して(②)、横の文字入力ウィンドウに任意の数字を入力します。今回の場合は”18”にしました。 OKを押すとキューに追加されて、圧縮が開始されます。 今回のケースでは下記のように設定しました。 元ファイルの設定: 3840px × 1920px ビットレート 50Mbps 圧縮後のファイルの設定: 1920px × 960px ビットレート 18Mbps(カスタムを選択して手動入力) 圧縮が終わったファイルをInsta360 Playerにドラッグアンドドロップすると、シークが効くようになりました。 なお、insvフォーマットのままの圧縮はできないようです。残念です。 “Spherical pictures and videos can be played and edited by Insta360 Studio, which would export the original insv video and insp picture to MP4…

Davinci Resolveで黒の余白なくビデオを出力する方法

By |

Davinci Resolveで黒の余白なくビデオを出力する方法

Youtubeに動画をアップする場合、無償で使える強力な編集ソフトとして、 DaVinci Resolve 15 があります。 (ダウンロードリンクは下記ページの最下部にあります。) https://www.blackmagicdesign.com/jp/products/davinciresolve/ DaVinci ResolveインストールしてYoutube用のムービーを書き出しした際にはまった箇所があり、その解決方法をシェアしたいとおもいます。 トラブルとしては、解像度を指定してビデオを書き出したかったのですが、出力した映像に下記のような上下に黒い帯が入ってしまうというケースです。   調べた結果、プロジェクトセッティングの解像度の設定が適切でなかったのが原因でした。 解決方法と手順を下記に記します。 ※今回は問題を再現する為にイレギュラーな解像度(2048×1023)のイメージを利用しています。 1.タイムラインに配置されてたフッテージ素材の解像度を確認します。 2.File>Project Setting…を開きプロジェクトの解像度を設定します。 3.Timeline resolutionをCustomに変更して、解像度を素材の解像度と同じに(2043x1023px:ご自身の状況に応じて変更してください。 )設定します。 4.Davinci Resolve下の方のDeliverタブ(➀)をクリックしてビデオの出力設定を開きます。 ②Individual Clipsを選択 ③Videoタブを選択 ④出力フォーマットを選びます。 ⑤Render at source resolution を選択します。 上記の設定が終わったら、Add to Render Queueボタンを押して、 レンダーキューに追加して、レンダーを行います。 以上で下記のような余白がないビデオが出力できるともいます。

Unityでのアプリ内のムービー表示方法と、常に正しい解像度と比率を維持するように設定する方法。

By |

Unityでのアプリ内のムービー表示方法と、常に正しい解像度と比率を維持するように設定する方法。

How to create a movie screen with unity, and to set it to keep the right resolution and ratio at all time.  ユニティでムービー画面を作成する方法と、常に正しい解像度と比率を維持するように設定する方法。   First you will need to import a video, the list of the supported format in unity can be found here :  最初にビデオをインポートする必要があります。サポートされているフォーマットのリストはここにあります:  https://docs.unity3d.com/Manual/VideoSources-FileCompatibility.html   Next, to be able to render the…

FFmpegの動画圧縮・変換コマンドの使い方

By |

FFmpegの動画圧縮・変換コマンドの使い方

ちょっとした動画をアップロードしたいとき、スマートフォンなどでの動画撮影は大変便利ですが解像度が高すぎて容量が大きくなりがちです。動画のサイズを小さくしたい、変換したいときFFmpegはとてもパワフルなツールです。 Taking a small video with a smartphone is very easy but the resolution might be too high for uploading. To reduce the size of the video, you can use  FFmpeg to convert it ,it is a very powerful tool. なかでも使用頻度が高く、個人的によく使うコマンドを下記に記載します。 各コマンドは圧縮元ファイルがbinフォルダの直下にある場合を前提としています。 Among the frequently used commands here are the most efficient ones in my…

Go Top