Posts Tagged “設定”

Davinci Resolveで黒の余白なくビデオを出力する方法

By |

Davinci Resolveで黒の余白なくビデオを出力する方法

Youtubeに動画をアップする場合、無償で使える強力な編集ソフトとして、 DaVinci Resolve 15 があります。 (ダウンロードリンクは下記ページの最下部にあります。) https://www.blackmagicdesign.com/jp/products/davinciresolve/ DaVinci ResolveインストールしてYoutube用のムービーを書き出しした際にはまった箇所があり、その解決方法をシェアしたいとおもいます。 トラブルとしては、解像度を指定してビデオを書き出したかったのですが、出力した映像に下記のような上下に黒い帯が入ってしまうというケースです。   調べた結果、プロジェクトセッティングの解像度の設定が適切でなかったのが原因でした。 解決方法と手順を下記に記します。 ※今回は問題を再現する為にイレギュラーな解像度(2048×1023)のイメージを利用しています。 1.タイムラインに配置されてたフッテージ素材の解像度を確認します。 2.File>Project Setting…を開きプロジェクトの解像度を設定します。 3.Timeline resolutionをCustomに変更して、解像度を素材の解像度と同じに(2043x1023px:ご自身の状況に応じて変更してください。 )設定します。 4.Davinci Resolve下の方のDeliverタブ(➀)をクリックしてビデオの出力設定を開きます。 ②Individual Clipsを選択 ③Videoタブを選択 ④出力フォーマットを選びます。 ⑤Render at source resolution を選択します。 上記の設定が終わったら、Add to Render Queueボタンを押して、 レンダーキューに追加して、レンダーを行います。 以上で下記のような余白がないビデオが出力できるともいます。

Unity_PostProcessing機能の有効化

By |

Unity_PostProcessing機能の有効化

あるシーンが、「PostProcessingのエフェクトが適用されているシーンのはずなのに自分のPCで開くと見た目が通常と変わらない。」 上記のような場合は、Unity PostProcessing Stackがインストールされているかをチェックしてみてください。 確認方法は下記のとおりです。 1.メニューバーのWindow->Package Manager をクリック。 2.Allのタブ(①)をクリックし、スクロールダウンしてPost Processing(②)を選択します。 3.右上のInstallボタン(③)を押してインストールします。 この手順でシーンのカメラに設定された、Post Processingの効果が確認できると思います。

Unity HubでインストールしたUnityのVuforiaプラグインをアップデートする方法

By |

Unity HubでインストールしたUnityのVuforiaプラグインをアップデートする方法

Unity Hubはとても便利で新しい機能ですが、Vuforiaをアップデートする場合、少し面倒な手順が必要になります。 最新のUnityのバージョンを既にインストールしていて、そのUnityと共にインストールされたVuforiaのバージョンよりも更に最新のVuforiaがリリースされている場合、下記の手順でVuforiaをアップデートできます。 Unityを起動するときにVuforiaは無効の状態になっています。(Image1)。 とりあえず、Vuforiaを使用するため、 File>Build Settings>Player Settigsボタン または Edit>Project Settings>PlayerからPlayer Settingsを開き、 (Image2) Player settingsのVuforia Augmented Realityオプションをチェックする必要があります。 (Image3) Vuforia Configurration Pannelの出し方 すると Vuforia Configuration Panel でVuforia Update のリンクをクリックできるようになります。(Image4)。 Image1 Image2 Image3 Image4   ここで一旦Unityを閉じてください。 ダウンロードが終わったら、 VuforiaSupportInstaller-Windowsの圧縮ファイルを解凍し、UnitySetup-Vuforia-AR-Support-for-Editorのイントラーをダブルクリックします。 UnitySetupアイコンを選択してください(Image5)。 インストールを続いて、Destination Folderのページを見えたらBrowseボタンをクリックしてください(Image6)。 ここで、Vuforiaの最新を適用したいUnityのバージョンの実行ファイルが置かれているパスを指定します。 Image5 Image6 Program FilesフォルダーにあるUnityフォルダーを選択してください(Image7)。(注意:Unity Hubのフォルダーではありません。Unity自体の実行ファイルがあるフォルダを指定する必要があります。) Image7 それでUnityをアップデートするバージョンを選択し、OKボタンを選択してください(Image8)。 Image8 次のウインドで選んだフォルダーを確認できます(Image9)。それでインストールを最後まで続けてください。 Image9 Unityを起動するとVuforiaがアップデートされていることが確認できます(Image10)。 Image10

Large SQL imports in phpMyAdmin (LINUX server)

By |

Large SQL imports in phpMyAdmin (LINUX server)

PhpMyAdmin is a very popular graphic interface for SQL servers. One of the problems I encountered when I was starting to work with it, was the (Max: 2,048KiB) file size restriction for choosing a file to import.   私がphpMyAdminを使い始めたころにインポートできるファイルサイズの制限で困ったため今回はその解決方法についてポストします。 Of course there are multiple ways to import a large SQL file into your server, but on this tutorial, we are going to…

HoloLensで画面共有(Device Portal)

By |

HoloLensで画面共有(Device Portal)

HoloLensで見ている映像を周りの人にも見せたい! HoloLensを使っている人だけ楽しんでてズルい。どういう世界がみえてるのかみたい。 もしくはイベント等で、体験者以外にも見せたい場合、webブラウザー経由でDevice Poetalにアクセスして画面を共有することができます。 ただしWifi環境が必要です。 下記のオリジナルドキュメントを基に関係する部分を抜粋します。 https://docs.microsoft.com/en-us/windows/uwp/debug-test-perf/device-portal-hololens -デバイスポータルを設定するには 1.HoloLensの電源をオンにします。 2.ブルームジェスチャーでメインメニューを起動します。 3.セッティングを見つめエアタップジェスチャーでエアタップをもう一度行い好きな位置に配置。 4.アップデートメニューを選択します。 5.For developers メニューを選択を選択します。 6.Developer Modeを有効にします。 7.スクロールして Device Portalをオンにします。 1.HoloLensをwifiにつなぎます。 2.HoloLensのIPアドレスを見つけます。  Settings > Network & Internet > Wi-Fi > Advanced Options にあります。 もしくは、”Hey Cortana, what is my IP address?”とコルタナに聞いてもOKです。 ※私は発音がわるかった為、教えてもらえませんでした。 3.PC側から、先ほどのIPアドレスをアドレスバーに入力します。   https:// ブラウザーがセキュリティーの警告を表示してきますが、無視して進みます。 4.下記のような画面が表示されるかとおもいます。 PCとHoloLensが近い場合はHoloLensのサウンドストリーミングをオフにするとハウリングを防げます。 HoloLensのDevice portalへ初めてアクセスするときはユーザー名とパスワードを作成する必要があります。 1.PCのブラウザー側でHoloLensのIPアドレスを入れると、セットアップアクセスページにつながります。 2.暗証番号をリクエストをクリックして暗証番号を生成します。 3.HoloLensのテキストボックスに先ほどの暗証番号を入力します。 4.device portalに接続する為に使用するユーザー名を入力します。 ※Microsoft Account (MSA)…

Go Top